スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダム00第4話「対外折衝」

箇条書き感想。

機動戦士ガンダム00第4話「対外折衝」
脚本:黒田洋介
キャラ作画監督:しんぼたくろう


ソーマ本編初登場!超人機関っていうのはやっぱりヌータイプ的なあれなんだろか。

なんというかアザディスタンのマリナとシーリンは百合にしか見えませんでした。本当にあ(ry
ああいう眼鏡の性格キツそうな女の人は大好きです。

キュリオスの変形シーンがかっこよかった!!!
しっかしストーカーハムの執念は恐ろしいね!

タリビアに介入って話はどうなんだろう。うーん
がんだむで安全保障論とか考えたらたのしそうだなーとか来年講義とろうかなーなんて思ってしまったあたり洗脳されてるな…。

アレルヤの死亡フラグ満載な次回予告で大爆笑でした。
やっと話が動き出しそうでたのしみだ!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 機動戦士ガンダム00 第4話 「対外折衝」

機動戦士ガンダム00 (1) ソレスタルビーイングが目指すのは戦争の根絶・・・。そのために、世界中の紛争に武力介入し制裁を加える。そんなソレスタルビーイングの行動原理を利用すべく、タリビアがある行動に打って出た。そして、ガンダムが出動する・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。