スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナミダをトメテ

■第23話「世界を止めて」

ロックオン、ロックオン、

ろっくおn

ろっくお   ん    n   

ハロのロックオンって何度も何度も呼ぶ声が響いて悲しくてかなしくて哀しくてたまらなくって、あばよ相棒なんていうなよ!ちくしょう!なんで死んじゃうんだよ!ねぇ、
なにやってるんだろうな俺は
人を殺めたその咎は後で受ける、でも今は倒さなくちゃならないだなんて
ああもうかっこいいじゃないか!
許すことのできない相手を憎み抜いて、命を賭したニール・ディランディがいて
憎しみを力に変えて戦うことを選択したロックオン・ストラトスがいて、
こんな世界でいいのかよ、俺は嫌だね
そう言って地球を狙い撃ってみせたロックオンはどうしたって、揺らがない

ティエリが、ティエリがティエリが他のマイスターのことを想ってる
ああああああああああああああああああああああああああああああああ
着実に、変わっていく

「世界を止めて」、って
どういう意味だろう 誰が何のために止めるの CBは世界を変えたいはずなのに 争うことをやめられない「世界」をお前たちが「止めて」?
ロックオンの世界を、時間を止めてでもっていうのは深読みし過ぎかな


■第24話「終わりなき詩」

ろっくお   ん   ん
 n

リ ヒ ティ     クリスティナ

フェルトの手紙、ハロのごめんね、やさしさをたくさん
刹那の決意
武力による平和の追求
革命の痛みを知るべきなのかな
ラッセの言葉、存在していることに意味がある
武力で押さえつける抑止力としての存在意義だけではなくて
人は体験したことではないと実感できないから
だとしてもきっとCBがいなくなってしまったら、元に戻ってしまうとも思う
あっさりと
でももう戦わないでよ、こんなにつらいんだから 
利益の主張と協調のバランス

見れていなかった00を16話「トリニティ」から24話「終わりなき詩」まで見ました。
19話から24話にかけての展開、急展開が予想の遙か上を行くおもしろさで、でもずっと涙が止まらなくて、惹き付けられてやまないです。
川井さんの音楽が拍車をかける。
エンディングのロックオンがきゅってなるのが切なくてうわああああ

来週の25話、見たい けど 見たくない いやでも見たい
もう誰も死なないで よ お願いだから

TS3E0039.jpg

マイスターたちと一緒にずっとその背中を追っていこうと思う。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。